読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古代ニート帝国

2016年11月23日勤労感謝の日に、此処、はてなブログにニートの帝国を建国。

ニート、初詣、今年の抱負

初詣に行ってきた

初詣は一月一日に行くようにすると、縁起がいいような気がしたので、
本当は家にいたかったが今日行った。今日は人が空いてきた夕方を狙ってみた。
私は個人的に崇拝している神々にお願いをした。

素戔嗚(スサノオ)には将棋でもっと強くなれますように、と。
天照大神アマテラスオオミカミ)にはとにかく健康でいられますように、と。

七福神おみくじを買ってみた。

そうだ。私は七福神おみくじを買った。二百円だった。私の財布には七百円しかない。
私の今年の運勢

第三十一番

九月(ながつき)の
白露負いて
あしひきの
山のもみたむ
見まくしも良し

運勢:吉

徐々に明るい展望が開けてくる運気です。
これまで控えていた問題をこの際手掛けるとよいでしょう。
積極的な動きで新しいことに挑戦するにも良い時期です。

願い事・・・強い意志をもって進めば叶う。
商売・・・積極的に動けば吉。
進学・・・不得手な事を見直し努力。
失物・・・まもなく出る。
旅行・・・差し支え無し。
勝負・・・今は悪い。
交際・・・見栄を張っては長続きしない。
病気・・・軽率な判断は危険。
縁談・・・邪魔が入らないように注意。
金運・・・軽率に動けば損。

今年の抱負

仕事を辞める

今働いている仕事は私にはもうできない。おそらく五月ごろには辞めるだろう。
体力的にも限界で、精神的にもボロボロの雑巾となってしまった。
私は健康でいられれば人生何とかなるだろうと思っている。
仕事がつらくて自殺をする人を見ると思うことがある。
仕事は絶対にしなければならないが、どうしてもつらい時は逃げてもいいと。
私はいじめられたことはないが、いじめられてつらいならば、不登校になってもいいと。
心が壊れて人としておかしなるよりは、しぶとく生きていけると。
兵法三十六計 逃げるに如かず、とはまさにこの事だ。
人生とは持久戦である。

81dojoで五段を目指す。

私にとって将棋とは辛い時に現実逃避するただの娯楽でしかなかった。
しかし、大山康晴永世名人の数々の名言を読んでいくうちに将棋に対する見方が変わった。
今の私は、将棋とは哲学だと認識している。
人生は最初が大切だ。若い時は勉強や習い事をしてあらゆる経験を積み、
大人になったときにその経験が生かされるように行動する。
戦争においても、まずは勢力は内政して国力を高めた後に、機を見て戦いに行動を移すのだ。
将棋においても、まったく同じことがいえる。攻めたくてもまず玉を囲わねば思い切った攻めができない。
攻めるならば、その戦法を学ばねばならない。そうでなければ、攻めの仕掛けは失敗してしまう。
人生においても、突発的な行動はたいていうまくいかないように。
こういったことは、全て将棋から学ぶことができる。
私は、将棋を学ぶことにより、この世の真理を学ぶことができると信じている。
なので、私が将棋を指している将棋サイト、81dojoで五段を目指すことにする。
ちなみに今は二段。

読書をする。

はてなブログの人たちは読書をする人がたくさんいるようだが、私はほとんど読書をしない。
お金がないからだ。それと本を読む速度が遅く読みたいって気持ちにならない。
しかし、ミステリー小説は前から読みたいと思っていた。
芥川賞を取るような作家の最近の本は私には向いていない。中高生が読む図書館の本などを中心に読んでいきたい。
ある程度簡単に読めて、面白い本。ミステリー小説なんかを読んでみたいと思っている。
青空文庫という、著作権が切れた書籍がネット上で最後まで見れるので江戸川乱歩の本を片っ端から読んでみたい。
私は人生でゲド戦記しか読んだ本はないのだが、仕事を辞めてできる時間でいろんな本の世界を知りたいと思う。
はてなブログに本の感想などを書いていけば読書を続けていけるだろうと。

ゲームの実況をやってみる。

私にとってゲームとは将棋と同じく現実逃避の娯楽の一つだ。
将棋もゲームも辞めるつもりは一切ない。
仕事を辞めると間違いなくコミュ障になるだろう。
元々口下手だったが、話し相手がいないと本当になってしまいそうだ。
ゲームをやっている時間でついでに話せるようになればいいなと思っている。